ホーム >三大名作 >菅原伝授手習鑑 >④ 車引

菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)
④ 車引(くるまびき)

三大名作のひとつ!
讒言により太宰府へ流刑された菅原道真にまつわる悲劇と奇跡の物語。

① 加茂堤  ② 筆法伝授  ③ 道明寺  ④ 車引  ⑤ 賀の祝  ⑥ 寺子屋

本外題:

菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)

カテゴリー:

三大名作

解説:

「車引」は菅原伝授手習鑑の三段目に位置します。「車引」の後に「賀の祝い」と続きます。人形浄瑠璃(文楽)では「車引」はもともと短い場面でしかありませんでしたが、歌舞伎化するにあたってショーアップされた豪快な一幕となりました。歌舞伎独特の荒事芸が観られる人気の舞台で数多く上演されます。

主な登場人物:

菅 丞相(かんしょうじょう)
右大臣、菅原道真(すがわらのみちざね)。博学偉才、知徳にたける。息子は菅秀才(しゅうさい)七歳。劇中では丞相(しょうじょう)様と役職名で呼ばれる。「車引」の段では直接は登場しません。
時平 公(しへいこう)
左大臣、藤原時平(ふじわらのときひら)。帝の位を狙う巨悪。菅丞相の政敵、讒言により菅丞相を九州の大宰府へ流罪へと追い込む。劇中では時平(しへい)様と呼ばれている。
斉世親王(ときよしんのう)
醍醐天皇の弟。17歳。丞相の養女・苅屋姫(かりやひめ)と密かに恋仲。「車引」の段では直接は登場しません。
苅屋姫(かりやひめ)
菅丞相の養女。16歳。斉世親王(ときよしんのう)と密かに恋仲。「車引」の段では直接は登場しません。
梅王丸(うめおうまる)
三つ子の長兄で、牛飼い舎人(とねり)として菅丞相に仕える。妻は春(はる)。
松王丸(まつおうまる)
三つ子の次男で、牛飼い舎人(とねり)として時平に仕える。妻は千代(ちよ)。息子は小太郎(こたろう)。
桜丸(さくらまる)
三つ子の末弟で、牛飼い舎人(とねり)として斉世親王に仕える。妻は八重(やえ)。

ここまでのストーリー:

「車引」を見るには、菅原伝授手習鑑のここまでのストーリーを大筋に押さえておくと、舞台で行われていることがよくわかります。ここで簡単にまとめました。

「車引」の主役は、梅王丸、松王丸、桜丸の三つ子の兄弟です。梅王丸、松王丸、桜丸はそれぞれ別の主に牛車の舎人として仕えていました。

梅王丸 が仕える菅丞相(しょうじょう)(菅原道真)は神様のような貴人です。松王丸 が仕える時平(しへい)(藤原時平)は菅丞相の政敵で悪玉です。桜丸は斉世親王(ときよしんのう)に仕えていて、親王は帝の弟・若いプリンスです。

斉世親王と丞相の養女・苅屋姫は密かに恋仲です。斉世親王に仕える桜丸は二人の逢引きの手引きをします。それを時平の家臣・三善清貫(みよし きよつら)に感づかれ、二人が一緒にいる牛車の中を検めようとします。それを桜丸が阻みひと暴れ。この間に二人は逃げ落ちてしまいます。(加茂堤より)

この事件に付け込み菅丞相の政敵・時平は「菅丞相が娘を利用して親王を帝位につけようと画策している」と讒言。丞相は謀反の汚名をきせられ九州へ流計となってしまいます。丞相に仕える梅王丸、また逃亡中の斉世親王に仕える桜丸はそれぞれ主人を失い浪人の身となっています。時平に仕える松王丸とは敵同士、三つ子は敵味方に分かれてしまっています。

ストーリー・あらすじ:

車引(くるまびき)

桜丸と梅王丸が偶然行き会います。二人とも深編笠をかぶった旅姿です。流刑になった丞相様をはじめ、丞相様の家族が散り散りなっています。二人はこれからどうするべきか身の振り方を涙ながらに語り合います。

そこへ敵の時平の牛車が道を通りかかります。桜丸と梅王丸は今こそ仕返しをと牛車に向かっていきます。襲いかかる梅王丸と桜丸に、松王丸が立ちはだかります。三つ子の兄弟は牛車を挟んでもみ合いになります。

騒ぎが収まらないのでにしびれを切らしたか、牛車の中から怒れる時平が姿を現します。凄まじい威厳を放つ時平。時平が足を踏みつけると牛車は粉々です。桜丸と梅王丸が時平に殴り掛かろうとするが、時平がひと睨み。するとその眼力に動けなくなってしまいます。

松王丸が得意満面に二人を成敗しようとしますが、
「金巾子(きんこじ)の冠を着すれば天子も同然だ。太政大臣が参拝の時に血を流すわけにはいかない。松王丸に免じて命だけは助けてやる。」と時平は余裕綽々で制止する。
「命拾いしたな。三度拝んで感謝しろ。」と捨てぜりふを吐く松王丸。「父親の七十の賀が済んだら決着を付けるぞ」と遺恨を残したまま三人は別れます。

① 加茂堤  ② 筆法伝授  ③ 道明寺  ④ 車引  ⑤ 賀の祝  ⑥ 寺子屋

スポンサーリンク

inserted by FC2 system